ダンスラ

【DANCE RUSH STARDOM】練習考察:ダンスラに特化したランニングマンって?【ももを上げすぎない】

カーテンを開ける女

こんばんわ、このはです。今回はダンスラッシュに関する雑記事になります。

シャッフルダンスのスタイルによって、ランニングマンだけでも色々なやり方があるけど、ダンスラにあったランニングマンってどれだろ?

EDMはBPM128がほとんどなので、ランニングマンのステップは早くする必要があります。ゆえに、ももを上げる高さを低くしたほうがやりやすいかなと思います。

そのぶん、メリハリをつけるのが大事ですが、それは練習あるのみです。

MASでのランニングマンを意識したら、早いBPMに追いつけなかった

この前、某公園での練習会のときに、とんこつ(以下T)氏より”(ランニングマンのときの)足(もも)が上がりすぎている。後ろの足が引けてない”という指摘を受けた。

薄々自分でもわかっていた。MASのランニングマンがかっこよく、ダンスラでも、そのランニングマンで踊りたいと思っていた。しかし、現実は甘くなく、EDM特有の早いBPMには、高く腿を上げるという動作が、ダンスラのゲームの難易度を高めてしまっていた。

素直にT氏の意見を受け入れ、すぐさま、ランニングマンのスタイルをメルボルンシャッフル?に切り替えた。

すると、腿の高さを下がったことで、足の上げ下げが素早くできるようになった。

さらにT氏は”スモステで練習するのがいいよ”とさらなる練習のコツを教えてくれた。(とんこつだけにね)

足のモーションは小さくなるが、動作にメリハリをつけることで、かっこよく見せることはできる。

Melbourne Shuffle / Legend Of Shuffle … |Youtube

とりあえず目指すのは、この動画のようなスタイルなのかな?と思う。足は上がっていないが、キレキレである。何度もみてもかっこいいです。

アドバイスどおり、small stepでランニングマンを練習してみた

レディー・・・・ゴー!!

がっがっがっ・・

ダンスラする人

うーん、だめだうまくできてる感じがしない

というか、ミスが目立っている

ここでSmall Stepsはどんな曲が簡単に説明しよう。

BPMは106で他の曲と比べるとBPMは低い。

そしてコンボ数も262であり、体力的にも優しい。

これがランニングマンを練習に合っているという理由だ。

【DR STARDOM】 Small Steps / かめりあ|YouTube

Tステップ譜面もあるが、それは無視して、すべてランニングマンでさばくとT氏は言っていた。

【DRS】Small Steps / ふつう Lv8【外部出力】|YouTube

では具体的に、Tステップ譜面を、ランニングマンで処理するには、どうすれば良いのかを、考察してみよう。

Tstep譜面を、ランニングマンで処理する方法

 

TStep譜面画像

上の画像は、スモステの序盤にあらわれる譜面だ。

ふつうは、右足を軸にして、左足を下ろしながら、処理していく(Tstep)。これを、ランニングマンで処理するにはどうすれば良いのか?

①小股ランニングマン

体を画面に対して真横にして、ランニングマンをする。

この方法がいいのではないか???

しかし・・・・ここで問題になるのは、

ランニングマンをしながら、前か後ろに動かなければいけない

ということ。

・・・・・・・

それって・・・・ただのランニングじゃんw

これについては、まだ考察の余地がありそうだ。

それでもダンスラのBPMは、初心者には早い

ダンスラで5,6回やったところで、まだこのぐらいのBPMだと速いなと感じてしまう。

となると・・・・

Youtubeをおすすめする人

YouTubeでもっとBPMの低い曲を探して、そのリズムに合わせてランニングマンを練習するしかありません。

そして、探したものがこちらです。

まずは、この速さで練習して

慣れてきたら10ずつくらいで、BPMを上げていけばいいんじゃないでしょうか?

ってことで、少しずつランニングマンを練習して、結構上達したなと思ったら、またここやツイッターで動画上げますので、よろしくお願いします。